« 7月11日の体操 | トップページ | 「おおかみ」も作ってみました »

2009年7月15日 (水)

7月15日のアート

7月15日のアート

7月15日のアートは、

2班で工作をしましたhappy01

写真の手前は、

紙コップのロケットです。

コップの中のロケットが、

ゴムの力で飛び出す、

というものです。

完成はしましたが、

いざ遊ぶときに

ロケットをゴムにかける、

というのが

なかなかうまくいかず

苦戦していましたhappy02

写真の後ろは、

手袋人形の「ぶた」です。

軍手1組とフェルトとペン、

あとは台座にペットボトルを

用意すればできます。

手を入れて遊べますから、

台座はなくても大丈夫ですwink

「ぶた」とくれば「おおかみ」も

作りたかったのですが、

時間の都合で、そこまでは

できずに終わりましたcoldsweats01

残念!

|

« 7月11日の体操 | トップページ | 「おおかみ」も作ってみました »

コメント

はじめまして!
私は今、短大で保育の勉強をしています。
指人形(手全体を使ったものも可)を作る課題があるのですが、ぜひ「ブタ」と「オオカミ」の作り方を教えていただけないでしょうか。お勧めの本などありましたら教えてください。お願いします。

投稿: さとみ | 2009年12月17日 (木) 01時02分

さとみさん、こんにちは!
手袋人形は当初、職員が作って
子どもたちに人形劇などをやって
見せようかな、ということを
考えて始めました。
ちなみに参考文献は
「ハンドクラフトシリーズ№61・手袋人形」
(高田千鶴子、酒本みどり、藍順子著)
という30年くらい前の本で、
ここに「ぶた」も「おおかみ」も
作り方が出てきます。
ただ、なにぶん古い本ですので
今ではなかなか手に入らないと思われます。
現在は、手袋人形などを扱った本も
いろいろあるようですから
きちんとしたものを作るのならば
書店や図書館などにある本で
探したほうが早いかもしれません。
さて、私たちの活動に話を戻しますね。
手袋人形を、と思い立ったものの
日々の活動のなかでは、
そうそう作る時間もとれず、
それならいっそ子どもたちといっしょに
作ってあそぼう!ということに路線変更、
作り方も本からは大きく脱線して
すぐ作れるように簡略化したのが
この「ぶた」です。
まず、材料は軍手1組、ピンク色のフェルト、
黒のペンです。
フェルトは鼻と耳の大きさに切ります。
(鼻は楕円、耳は三角です)
軍手は片方が顔、もう一方が手と体になります。
顔にする方は指の付け根まで折り返します。
人差し指と小指を少し出し、ここを耳にします。
ゴムが入っている部分は少し内側に折り込みます。
接着剤で耳と鼻のフェルトを貼り、
ペンで目と鼻の穴を描きます。
あとは体の方の人差し指、中指、薬指を
顔の下から入れてできあがりです。
顔と体は留めていないので
あそんでいると、はずれやすいのですが、
工作の苦手な子でも短時間で完成ならば
なんとかできたので、この方法にしました。
指の穴など不格好な部分も多いのですが、
参考にできることがあれば幸いです。
「2007年5月」では、くつしたで
「ぶた」と「おおかみ」を作ってみて
馬みたいなおおかみになってしまったり、と
まだまだ失敗も多いのですが、
子どもたちが楽しんでくれるのが救いです。
課題は大変でしょうが、
勉強がんばってくださいね。

投稿: pocohop | 2009年12月17日 (木) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月11日の体操 | トップページ | 「おおかみ」も作ってみました »